信頼のブランド、ハウスドゥならあなたにぴったりの不動産売却方法をご提案

信頼のブランド、ハウスドゥならあなたにぴったりの売却方法をご提案一般的には土地や中古住宅などの「不動産を売りたい」と思ったら不動産会社に売却の依頼をします。ハウスドゥではこの売却を4つの方法に分けてご提案させていただいております。1つめは「仲介による売却」2つめは「買取による売却」3つめは「買取保証仲介」4つめはハウスドゥ独自のサービスである「ハウスリースバック」
ハウスドゥ!なら全国に広がるチェーンネットワークを活用し、再販売をしっかり行うことができるため、自信を持った査定額を提示し、売却に向けてお預かりや買い取ることが可能ですのであなたにぴったりの売却方法をご提案することができます。

売却方法①仲介による売却

売却方法①仲介による売却『仲介を依頼、購入希望者を探す』方法になります。売主様とハウスドゥが価格・販売方法などを打合せし、一般の購入希望者を探す方法です。メリットとしては少しでも高く売れる可能性がありますが、デメリットとしては購入希望者がなかなか見つからない場合、いつ売却できるかの予測が難しく、長期化や価格の見直しになるケースもあります。

売却方法②買取による売却

売却方法②買取による売却『ハウスドゥが買取り』する方法になります。買取価格と買取時期は、売主様とハウスドゥ!とのご相談で決めるため、メリットとしては『いつ頃?いくらで売れる?』といった不安が解消できます。また、仲介のように広告掲載する必要がないので、プライバシーを守りながらの売却が可能ですがデメリットとしてはご希望の価格や相場より安くなる傾向があります。

売却方法③買取保証仲介

売却方法③買取保証仲介『仲介を依頼、一定期間で売らなければハウスドゥが買取り』する方法になります。仲介での販売活動を行い、一定期間内に売却が成立しなかった場合、あらかじめ決めていた価格にてハウスドゥで買取らせて頂きます。「仲介」と「買取」両方のメリットを兼ね備えたサービスです。デメリットとしては買取になった場合、仲介で売却するより価格が低くなる場合が多いことです。

売却方法④ハウス・リースバック

売却方法④ハウス・リースバック『売却した後もそのまま賃貸で住める』といった方法になります。ハウス・リースバックとは、お客様が所有されているお家をあらかじめ住む期間を取り決めてハウスドゥ!が買い取り、売却後はリース契約をしてそのまま今迄と同様にお住みいただけるハウスドゥ独自のシステムです。メリットとしては売却した後も住み続けられる点です。デメリットは仲介売却よりも価格が低くなるケースが多い点があります。
>>ハウス・リースバック詳細を見る

>簡単無料で10秒査定スタート